統計 数字の取り方

生活保護の支給額の算定根拠となる 統計がおかしいと裁判になり地方裁判所で 国が負けた。 下げるために統計の取り方を変えた。 関わった部会の学者自体、利用されたと怒っている。  一定のルールで継続的に 取るべきだとは思う。 、必要な生活費の中身をまずかためてからなのだと思う

続きを読む

卒業式

出し惜しみせず 人のためにより多くの種を蒔きなさい 今日は子供の高校の卒業式で パウロのコリントへの教会への 手紙が朗読された 自分の才能を人のために使い、 人にぬくもりを伝える使命を 持つように校長が挨拶をした。 それを受けて、在校生と 卒業生の言葉を聞きながら 彼らの中に種が芽吹いているのを 感じた。子供の中に芽吹いた種を 感謝しながら、春の訪れを 待ちたい

続きを読む

放蕩息子

立ち返ればいい 見つめればい その人を責めることは 誰にもできない 天の優しい眼差しはすべきの人に 疲れた絶望し立ち返るひとに注がれる ############### 今日は放蕩息子と弟の話が 教会で取り上げられる 父親の財産をいえを出て使い果たし 放浪の末、家に帰り 父親は、喜び、宴を開き 迎える。 父親につくし、働いてきた弟は怒る。 父親は彼の言葉を聞きながら、兄のもどつて…

続きを読む

閉鎖空間 共同体

閉鎖的な共同体は些細なことでいさかいがおきる。思いが強いと尚更。 共同体の理念が教条化すると人を押し潰す。 開いて、自分の心に遊びがあって、衣食住を大切にすれば、良いのか そこを考えて行ければと思う

続きを読む

ソーシャルワークと社会学          

ソーシャルワークと社会学 福祉は社会の中で、私たちの時をへて形成された意識や価値観道感の中で作られる ############ 大学で社会学を学ぶと児童福祉関係の資格を 得られると最近知った。  家族やライフスタイル等を学ぶこ社会学は、あるのことからするとわからなくもない。  ケースワークの勉強をして、ソーシャルワークと社会学を、取り扱っている本を見つけて凄く新鮮な思いをしている。 そ…

続きを読む

リズム 生活 問題行動

リズム 生活 問題行動 子供を取り巻くソースワークを 追って行くと、発達障害や障害 引きこもり、様々なところに行きつく 考えさせれる指摘があり、整理しきれないでいる。 哲学、ノーマリゼーシヨン平等の理念を押し付けないで、具体的に 速めに訓練し、朝起きて身の回り生活出来るようにし、電車のなかのマナーや問題行動を 無くすには、はやくから始める方がよいと。 やすんでいいよとの間のあんばいは、ひ…

続きを読む

衣食住

ただ、生きたい。ことばは 無力。 起きて食べて働いて寝る 何で単純にいかないのか。

続きを読む

コモンへの思い

コモンへの思いが強すぎて 人と人が、行き違う 少しの違いでもお互いに歩み寄れない そして閉じた世界が、更に閉じ 傷つけ合う

続きを読む

地域での笑顔

地域での笑顔 去年、労働組合で知り合った友達 が亡くなった。ふと私に言ってた言葉を思い出した。 組合でやつれきってるのを見ると向いていないんではないかと、風の噂で、地域では笑顔で楽しくイキイキしてるのを、聞いてると。 もう、20年以上前の話。 今、彼ともう一度話したい。会えなくなった人と話したいと思うのは、せんなきことなのか。

続きを読む

背負うもの

背負うものそれぞれ ケースワークの研究者から 厳しい言葉をもらい。 ケースワークの専門書を読みながら 街を歩いた。 デイサービス事業所、包括支援センター 保育園、やすらぎセンター、社協、 自治会の看板、米屋、酒店、飲食店 大工、不動産屋さん。アパート、閉じられあ店舗  見えなかった光景が、ケースワークの本を読むと見えてくる。 それぞれの生きる営みがある。ケースワークのプロにすれば、私の…

続きを読む

ソーシャルワークとソーシャルデザイン

ソーシャルワークとソーシャルデザイン が交わらない 自分の中ではまだ交わらない。でもその間を見つめることなのだと思う。町のなかで人の中で、本とスマホを片手に 子供の学校や若い地域の若者達からソーシャルデザインを目の当たりさせてもらっている 若い頃から、生活保護のケースワークを研究して、今改めて、ソーシャルワークを学ん でいる。 二つの間で、 街の中で、今の社会の分析をしたり、 地域…

続きを読む

コモンと職人気質 暦

ケースワーカーは、社会的資源と言葉が仕事の武器。 農家も福祉の仕事、大工もそれぞれの 職人気質がある。 自分には何があるのだろう。 星の運行を読むことで、その世界に入るだろうか。

続きを読む

コモンをつくること

人の見えないところで祈りなさい コモンと言うと何を思い浮かべるだろう 私は、労働組合や地域コミュニティ、 自治会、自治体、商店街、生協、教会 などを思い浮かべる。 いくつかには、私は所属しているが その所属員を増やすことには貢献出来ていない。 見えないところでこれらをまとめ、束ね 外から人を招ねき入れられる人にはなれずにいる。  

続きを読む

キャリア カウンセラー/ケ-スワークと子供の権利条約

 キャリア カウンセラー/ケ-スワークと子供の権利条約二つのZoomワ-クショップに参加した。 色んな言語に触れることが出来るZoomは捨てた物ではないなと思う。  若い人が入社して目的をは果たしたり、子供たちが自分たちで道を開くことを応援しょうとする人たちが多くいるのは 心あたたまる。  

続きを読む

紳士の薫り

紳士にも薫りがある まるでモンパリこ香水が トップ、ミドル、お時間を 経て匂いが移り変わりを ストーリーが紡がれてゆくように  そのような、紳士とその薫りのわかる 淑女と珈琲を片手に話せる時間が時々恵まれるのは人生の味わいかもしれない。  人には悟らせないような小さな花の匂いをちりばめるように  仕事をし、女性や子供を守り、若い人を 影で支える紳士と。 その小さな花びらの揺らめきに優しい眼…

続きを読む

哲学 宗教 イノベーション

戦後の教育は移り変わってゆく。 詰め込み、上へ上へから 自己課題発掘、イノベーシデザイン それでも今の学習指導要領を作った人達が無視できない年輩の学者がいる。 それは、世界中の教科書、日本の明治以後の 教科書を確認し、国語教育の輪文を確認し、 哲学を学んで、若い人から常に学び、 若い人に根本を疑うように自動車してきたから。  戦争を見つめ、大学生紛争を見つめ、近代哲学、唯物論、実存主義、現…

続きを読む

望遠鏡

天体望遠鏡 レンズを鏡を磨き 方向を天の中心 にあわせないと 星の運航を 光をとらえられない

続きを読む

重なり合うもの

資本論の新解釈、新しい政治哲学、最先端のクリエイティブマインド、それに批判的な教育社会学 重なる所を探したい。それは、哲学なんだと仮定して考えてみたい。 だから、カントを読んでいます。 ネンドノカンド -脱力デザイン論- - 佐藤 オオキ軋む社会---教育・仕事・若者の現在 (河出文庫) - 本田 由紀 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分…

続きを読む

コミュニティナース

最近、コミュニティナース 障害者相談所と言う概念を知った。 心にひっかかっている。 医食同源と区別できないけど地域での農業、食育、健康、生活、心理ケア、性教育など営みをつなぐ町のナースも素敵だなと思う。  

続きを読む

素振り

窮する時に、聖書に、パウロ に戻る。憲法の底にある自然法に戻る 素振りをしてリズムを取り戻す。 中と外に向かって素振りをしたい、

続きを読む